【紫外線】種類とダメージ

 

 

こんにちは。

 

防府市美容室 Rebirth

アシスタントの中河です。

 

 

 

もーあっっついですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

ジリジリ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日焼けが気になる夏は

特にUVケアに力を

入れておられる方もけっこう

いらっしゃると思うのですが、

 

紫外線は春夏秋冬、

降り注いでいるものです!

 

 

 

そして紫外線とひとえにいっても
3種類あるのですね~

 

ということで今回は、
紫外線の種類と肌へのダメージ+α

についてお話します!

 

 

 


 

■UV-A■

 

 

肌の表面から突き進んで

真皮まで到達して

じわじわと肌の奥深くまで浸透、

コラーゲンを破壊します。

 

 

 

また、

メラノサイトの活動をを活性化させて

肌の色を黒くするメラニンを作りだします。

 

日焼けで肌が黒くなる原因ですね!

 

 

 

UVAは、

雨やくもりなど気候に関係なく、

窓ガラスも通過するので

UVケアをしっかりと行いましょう!

 

 

おもな肌へのダメージは

シミ・シワ・たるみ

です。

 

 


 

■UV-B■

 

 

表皮を赤くさせ、炎症を起こします。

 

肌が赤くなって水ぶくれをおこす、

軽いやけどの症状はUVBの影響です。 

 

 

 

 

UVBは地上に届く紫外線総量の

10%にも満たないですが、

人体に与える影響はUVAより圧倒的に強く、

 

有害性はUVAの

600~1000倍近いといわれています。

 

 

UV-Bを防ぐためには、

SPFの高い日焼け止めを

活用するとよいでしょう!

 

 

おもな肌へのダメージは

日焼け・シミ

です。

 

 


 

■UV-C■

 

UV-Cは、UV-B波よりも有害な紫外線です。

 

通常は

オゾン層によって吸収されるので、

地上まで届くことがなかったのですが

オゾン層の破壊によってその危険性が…。

 

 


 

 

 

肌にも大きなダメージを

もたらす紫外線ですが、

 

わたしたちが大切にしている

髪にもダメージをもたらします!!

 

 

・乾燥

・強度の低下

・キューティクルへのダメージ

・カラーの褪色

など。。

 

 

 

わりと怠りがちな髪のUVケアには

日焼け止めスプレー、

日傘、帽子を活用するとよいでしょう!

 

 

 

 

 

以上です。

 

これでは紫外線のアンチみたいですが、

紫外線にもメリットはあります!

 

・殺菌消毒

・骨の形成に必要なビタミンDの生成

などなど。

 

 

 

勉強すればするほど

奥がふかいですね~。

 

 

 

次回は、

UVケア用品に書いてある

SPF・PAの意味

をおはなしします(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「それではまた~」

 

 

 

 

0835-28-1881
ページの上部に戻る